無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
星覚さんの坐禅会に参加してきました
0

    東日本大震災から6年目の311日、坐禅会に参加してきた。

    場所は武蔵新城のレンタルスペース灯台屋。

    (色々お世話になってます。)

    ドイツ在住の星覚さんというお坊さんを迎えての会だった。

    書籍等を通じてお名前だけは存じ上げていた星覚さんは、仏像のように澄んだ目が印象的な曹洞宗の雲水さん。

    主催者を含めて総勢8名の小さな集まりは、ほとんどが坐禅は初心者で顔を合わせるのも初めて。

    でもプログラムの最初に軽いゲームが取り入れられていたり終始和やかな雰囲気の場だった。「あたたかい素敵な時間にしたい」という主催者ジョシュアさんの思いが至る所から伝わってくる。

     

    本番の坐禅は星覚さんが坐り方を教えてくれて、10分を2回行った。

    私は坐禅をするのは初めてではない。何度かお寺の参禅会に参加したこともある。

    しかし今回久しぶりに坐ってみて、新たに思った事がある。

     

    「坐禅って、コーチかも」

     

    コーチングとは何かという問いをもらうと、私の中には色々な答えが沸き起こる。

    その一つが「コーチングは生き方を探す旅」というものだ。

     

    コーチングは生き方を探す旅だ。そして仏教も人の生き方を説く教えだ。

     

    コーチングをするのがコーチなら、仏教を修める坐禅はコーチではないか!

     

    ・・・無茶苦茶な論理だろうが、気にしない、気にしない(by一休さん)。

     

    壁に向かって坐りながらそんなことをつらつら考えていた。

     

    「コーチング?そんなもの750年も昔からやっているよ!」

    壁の向こうで道元禅師が笑っているような気がした。

     

     

     

    *おいしいローフードのお弁当を頂きました。フードアーティストの晶さん、ありがとう。

     

    *こちらが星覚さん。菜の花が似合う雲水さんでした。

     

    *コーチングのクライアントさん募集中です。

    また、100人の方に無料で1回コーチングを行う100人コーチングにもチャレンジしています。お気軽に

    tomoko.oosawa@gmail.com

    までご連絡ください。

     

    | ともちゃん | 坐禅 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      name:
      email:
      url:
      comments: