無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    映画「禅と骨」
    0

       

      先日、視覚障害者の方の映画鑑賞に同行する誘導ボランティアをしてきました。

      場所はポレポレ東中野という映画館でした。

       

      そこで、その日の上映作品の中に禅と骨」という映画があったのです。

       

       

      タイトルに「禅」の字がある、これは観ないわけにはいかない!ということでさっそく翌日観てきました。しかし実際は禅についての内容はほとんどなく、横浜生まれアメリカ育ち、晩年京都で禅僧になったアメリカ人と日本人のハーフ、ヘンリ・ミトワさんという人の波乱に満ちた生涯を描いたドキュメンタリーでした。

       

      外国人の禅僧といえば、大安寺のネルケ無法さんくらいしか知らなっかったので「へぇ、こんな人もいたのかー」という感じでした。

      (ミトワさんはハーフですが)

       

      禅についてはあまり触れていなかったけれど、日本ではアメリカのスパイだと言われ、アメリカでは日本のスパイだと言われたミトワさんが、それでも自分のやりたことにひたむきに生きる姿はとても魅力的でした。

       

      そして、上映後には監督と作家の赤坂真理さんのトークショーがありました。

       

      なぜ、赤坂真理さんなのか?

       

      実はミトワさん、死ぬ前に「ミトコンドリア」というメモを書き遺していたそうなのです。

      そして監督が蒲田の飲み屋でその話をしていた時、一緒に飲んでいた人から、赤坂真理さんも最近「ミトコンドリア」とよく話していると聞いて、そこから今回のトークショーにつながったということでした。

       

      映画の後のトークショーなのに、なぜかミトコンドリアについて熱く語る監督。

       

      「ミトコンドリアって人間のどの細胞にもあるんですよ。赤血球以外には、人間の細胞には全てミトコンドリアがある。なので、ミトコンドリアの紀元を探っていくと人類の紀元がわかるというですね、非常に面白いものなんですよ。」

       

      それから私の中では、細胞・ミトコンドリアが密かにブームとなっていました。

       

      そしたら数日後の灯台屋坐禅会でも、思いがけなく細胞の話で盛り上がることになってちょっと驚き。なんとなく、つなっがているような、いないような?

       

      灯台屋さんではジョシュアさん主催で坐禅会を開催しています。次回は116()です。

       

      みんなで坐った後には、坐禅から細胞の話までわいわいおしゃべりしている楽しい会です。ミトコンドリアにピンときた方、一度遊びに来てみてくださいね。

      | ともちゃん | 映画 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments: