無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    オンライン坐禅会
    0

       

      今月から、オンライン禅コミュニティ「大空山磨塼寺(たいくうざんませんじ)」の会員になりました。住職は藤田一照さんです。

       

      磨塼寺には様々なコンテンツがありまが、目玉は週末の朝に開催される、30分間ほどの一照さんのオンライン坐禅会です。

      早速、先週の日曜日に体験してみました。

       

      日曜日の朝、パソコンを起動し磨塼寺にアクセスすると、YouTubeの画面に一照さんが現れました。

      坐禅会の冒頭は体をほぐす簡単なワーク、その後坐禅です。

      一照さんが鐘を3回鳴らして坐禅のスタート。

      私もパソコンを前にして坐禅を組みます。

      しかし何といっても日曜の朝7時、そのうち眠気を催してうつらうつらして

      しまいました。

      すると、まさかそれを見越したわけではないのでしょうが、パソコンの向こうから一照さんの声が聞こえてきました。

       

      「知らないうちに考え事にふけっていたり、眠気を催していたりする自分がいるかもしれないですね。それに気づいたらそこから戻ってくることが重要です。やめようと思えばやめられる。考え事あるいは居眠りから覚めるということね、これを一回だけではなくて、何万回も繰り返す。これを覚触(かくそく)といいます。」

       

      はっとして、あわてて姿勢を正します。

      一照さんの言葉は続きます。

       

      「必要ない時に考え事をする癖を直すようなものですから、辛抱強さが必要になってきます。音や光の助けを借りて自分を外に開いていく。」

       

      「もう一つは体の感覚ですね。呼吸という常に動いている運動があります。運動は必ず感覚を生みますので、呼吸をはじめとする身体感覚に気付いている。」

       

      坐禅への向き合い方を示唆して下さる、心にしみいるような静かな声です。

      いつしか眠気は消え、ただただ坐ることに集中し続けていました。

      そうやって20分も過ぎた頃、一照さんが鐘を2回鳴らして坐禅会は終了しました。

       

      インターネットという現代のツールを利用して、いにしえの叡智を学ぶ事ができる世の中。

      賛否はあるでしょうが、恩恵を受けることができるのは事実ですね。

      ちょっと特別な気持ちで日曜の朝をスタートすることができました。

      休日の早起きは苦手な私ですが、なるべく頑張って参加しようと思います。

       

      さて!

      私のように早起きが苦手な方に朗報です。

      仕事帰りに参加できる坐禅会があります。

      灯台屋さんでは毎月ジョシュアさん主催で坐禅会を開催しています。

      次回は124()です。どなたでも歓迎します。お気軽にお立ち寄りくださいね。

      | ともちゃん | 坐禅 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments: