無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    磨塼寺(ませんじ)オンライン坐禅会1月
    0

       

      磨塼寺(ませんじ)はオンラインで坐禅をしたり、坐禅について学ぶウェブ上のお寺で、住職は曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんです。

       

      スマホやパソコンがあれば取り組める「オンライン坐禅会」は、坐禅会に足を運ばなくても気軽に坐禅に触れられる、新しい形の坐禅会です。

      日曜の朝、月に二回程度開催されています。

       

      一月のオンライン坐禅会は、ヨガでいう猫のポーズから始まりました。

      坐禅を指導してくれる一照さんが画面に現れると、四つん這いになり、猫が背中をいろんな形に動かす姿をまねて背骨を柔軟にしてから坐る準備に入りました。

       

      坐る準備はいつもと同じで、まず坐蒲をおしりの下に敷き体を安定させしっかりと膝がつくように足を組みます。その上に上半身を、筋肉ではなく骨で坐る意識をもって自分の姿勢を生み出していきます。背骨は一見バランスをとって静止しているように見えるけれど、押されればいつでも柔らかく動くイメージです。最初に行った猫のポーズで感じた柔軟さを思い出して坐りました。

       

      そして四肢の付け根や関節を少し回してリラックスさせ、吸った息がそこを自由に通ってまた出て行けるように通りを良くしておきます。

       

      ここまで身体の準備が出来てからいよいよ坐禅開始です。後は十五〜二十分、こつこつと坐りました。

       

      このように、一照さんの坐禅会は坐る前に様々なボディワークを行うのが特徴です。それらはすべて、坐禅の出来る身体を作ることを意図して一照さんが工夫されたものです。その都度内容は変わるので、参加者は毎回新鮮な楽しさを感じて坐ることができます。

       

      日曜の静かな朝、ネットでのつながりを感じながらこうして十五分から二十分くらい坐る事は、生活のリズムを区切っていく一助になっています。

      | ともちゃん | 坐禅 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments: