無料ブログ作成サービス JUGEM
コーチングスクェア体験記
0

    先日、コーチング・フェローズ主催のコーチングスクウェアに参加してきた。

    コーチング・フェローズはコーチングの普及と実践のために設立されたボランティア団体で、月1で「コーチング・スクウェア」(セッション体験会)を運営している。

     

    130回めの今回、参加者はスタッフ含め13名。

    初めての人が多い中、「5年ぶりに来ました!」という人もいて

    この集まりの歴史を感じた。

     

    まず「この春、実現したいこと」をテーマにそれぞれ1分くらいで自己紹介。

    はじめて会う人たちなのに一瞬その人の人生が垣間見え、途端に親近感を覚える。

     

    その後、三人一組でのセッションを12分、フィードバックを6分で行った。

    コーチングが初めての人にも特に何も教える事はなく、すぐにコーチ役を体験してもらうのがここのやり方だ。

    一見、無謀にも思えるのだが何とかなってしまうから不思議。

     

    私の組はコーチの資格であるCPCC保持者のNさん、コーチングは初めてというMさんと、私というバラエティにとんだ組み合わせだった。
     

    私はMさんのコーチをしたが会場の熱気にあおられたのか、全体的に急ぎすぎたようなコーチングになってしまった。

    オブザーバーのNさんからも「テーマをもっと掘り下げて」というフィードバックをもらって深く反省。でもとても勉強になった。
     

    最後はコーチング初めてのMさんがコーチをしたが、思いもよらないような質問が飛び出して、クライアントのNさんに新鮮な気づきを与えていた。

    私のコーチングよりも良かったかも・・・。
     

    振り返りでの私の感想は「初心忘るべからず。」

    たぶん少しコーチングを勉強しているという慢心があったと思う。
    ベテランのNさんと、初心者のMさんにかこまれていい刺激をもらった。感謝。

     

    コーチングスクェアは、どんな参加者も和ませてくれる温かい場だった。

     

     

     

    *コーチングのクライアントさん募集中です。

    また、100人の方に無料で1回コーチングを行う100人コーチングにもチャレンジしています。お気軽に

    tomoko.oosawa@gmail.com

    までご連絡ください。

    | ともちゃん | コーチング | comments(0) | - |